ほくろ除去ならレーザー治療【痛くない画期的な除去方法】

ウーマン

目立つほくろを取る方法

女性の横顔

刺激しないことが大切

誰にでもほくろはありますが、個人差によって多かったり少なかったりします。特に顔に大きなほくろがあると目立ちます。ほくろがその人を表す特徴になる場合もありますが、ほくろのせいで美しい顔が台無しになることもあります。そのような時は、美容整形でほくろ除去の手術をすればすっきりとした顔になります。ほくろは肌の一部ですから、急にできたりすると病気の兆候ということもあります。例えば足の裏にできたほくろはガンになりやすいと言われています。元々ほくろというのは細胞の異常から発生するので、あまり刺激するとガン化しやすいのです。足の裏にあると歩くたびに刺激することになるので、それでガンになりやすいと言われています。不安な場合は皮膚科で診察を受けることです。顔をメイクする時にはほくろを刺激しないように工夫することが大切です。また紫外線を受けると刺激になるので、日焼け止めなどを塗って隠す工夫も必要です。気をつけたいのは自分でほくろ除去を試さないことです。ほくろだと思っていたものがメラノーマである場合があるからです。メラノーマは皮膚ガンの一種なので、傷付けたりすると他に転移することがあります。ほくろ除去なら美容整形できちんと手術することです。

傷がつかないレーザー治療

ほくろ除去は美容整形クリニックによって方法が違います。一般的に行われているのは、電気メスで取り除くやり方です。痲酔をかけるので痛みはないのですが、取り除いたあとが赤くなります。2ヶ月程度で目立たなくなり、ほくろのない顔にできます。根が深いほくろだと再発する可能性がありますが、1年以内なら再発したほくろを無料で除去してくれる整形クリニックもあります。ほくろ除去で人気のあるのが、レーザー治療です。照射するだけなので顔に傷跡が残らず、治りが早いのが人気の理由です。局所麻酔をするので痛みもなく、5分から30分程度で終わります。また術後は患部以外はその日からメイクが可能です。専用コンシーラーを使えば、患部でもその日からメイクができます。大きいほくろの場合は切縫法というやり方で取り除きます。1度で無理な場合は数回に分けて、少しずつ切り取って、あとを縫い合わせます。ほくろ除去は正常な細胞を傷付けないことが大事なので、実績のある整形外科クリニックにやってもらう必要があります。たくさんの整形外科クリニックがありますから、ホームページなどを見て詳しく説明している所を選ぶようにします。またカウンセリングを受ける時に、アフターケアについて確認しておく必要があります。