ほくろ除去ならレーザー治療【痛くない画期的な除去方法】

ウーマン

綺麗に無くす

鏡と女性

今後の治療のメイン

整形の種類の中にほくろ除去という治療方法があります。ほくろは皮膚の一部でもあるので、簡単にそれを除去するのは難しいですが、そのほくろ除去治療を行えば安全な方法で取り除くことが可能です。そして、そのほくろ除去治療は、今後医療レーザーによってほくろを取り除く治療が主流になってくると予想されます。レーザー治療が登場する前々では、ほくろ除去の方法の場合は切除が一般的でした。除去したいという時には皮膚科や医療機関などに行って、そこで医師に執刀してもらい、ほくろをメスなどで取り除いていたのです。その方法の良い所はほくろの根元部分から除去することが可能なので、再発をする可能性が低いことや、術後の治療痕などが目立ちにくい事です。しかし、手術をするのにはそれなりにお金が必要で、5万円以上もの費用がかかってしまうというケースもありました。それに対して医療用レーザーを用いて整形、ほくろ除去をする方法ならばより安い値段で施術が可能となります。安いクリニックならば2〜3万円前後の料金でほくろ除去を行ってくれるところもあるほど、その価格は低価格となっています。低価格でほくろ除去が出来るという大きな魅力がありますので、ほくろ除去方法として使われてくるでしょう。

利用する時の豆知識

ちなみに、ほくろ除去治療を整形外科などで行ってもらう時の豆知識としては、メスなどによる手術によって取り除く方法は、取り除いたほくろの細胞を調べてもらうことが出来るということです。ほくろの中には悪性のものもあり、将来的にそれが癌になってしまう恐れのあるものもありますが、それをほくろ除去治療をした後に調べることも出来ます。医療用レーザーを用いて除去する場合は、価格は安いですがほくろ自体をレーザーで燃焼させてしまうためその細胞を調べられません。除去する予定のほくろが日に日に大きくなっていたり、色が普通のほくろと違うなどの理由で悪性のほくろかどうか気になるという方は、手術を利用してほくろ除去をしてもらう方法が便利です。またもうひとつ整形外科などでほくろ除去をする時の豆知識として、術後は日差しが当たらないようにすることがあります。ほくろを除去したあとには、皮膚が元の状態に戻るまで暫く時間がかかりますが、その回復期間中に太陽の日差しなどを当たると日焼けをしてしまい、除去した部分だけ色が変わって見えるようになってしまいます。なので除去した後のお肌を綺麗な状態にしたいのならば、日差しが当たる所に行かないようにすることが大切です。