ほくろ除去ならレーザー治療【痛くない画期的な除去方法】

ウーマン

ほくろの悩みを解消

年配の男性

再生の可能性が低い

ほくろ除去の方法として、美容皮膚科をはじめとするクリニックによって様々な種類が提案され、代表的なのがくり抜き法です。ほくろ除去は整形術として提案され、身体の血流が少ない部位の除去の場合にはくり抜き法が適さないケースも挙げられていますが、この場合、皮膚の修復を早めるメスによる整形術が用いられるのが特徴です。しかしながら、最も安心した施術となるのがくり抜きによる除去であり、医療用パンチを用いり、ほくろを円形にくり抜く方法です。除去後の仕上がりとしては、自然治癒力によって窪んだ部分が盛り上がり、時間の経過と共に自然と塞がります。特に修復力が高い部位に特化しているのが特徴となり、顔面のほくろ除去に最適です。除去した後、再生する可能性も不安要素の1つに挙げる方は多いものの、くり抜きやメスを使った整形術の場合のメリットとしては、皮膚奥のメラノサイトまで除去することが可能であるため、比較的再生するケースが低いのが特徴となります。また、肌表面から突起しているほくろには液体窒素を使用して焼き切るなど、傷跡に関しても日々技術力は向上しており、小さく目立たない仕上がりを求めることができます。大きさや色の濃さなど、事前のカウンセリングによって術式が提案されるのも専門クリニックの特徴です。

組み合わせによる施術

ほくろがある部位に悩みがある場合にも、症状に適した解決策を提案するのが医療と美容の分野に特化したクリニックで、近年では女性医師が整形手術を担当しているケースも増えているため、相談しにくい部位のほくろ除去についても相談可能です。整形術の1つには、Qスイッチヤグレーザーが提案されており、小さく平らなほくろ除去に最適と言われています。脱毛やシミのメカニズム同様、ほくろを構成するメラニン色素にのみ反応し、ダメージを与えて除去できる仕組みで、メラニンへの吸収性が高いことが特徴的な施術法です。このレーザー機器はエステでも導入されているため、ほくろを除去すると同時にシミやソバカスまでが薄くなるなど、美容効果を求めることもできます。また、レーザーを用いる場合には、平らなほくろが対象となるものの、凍結法などの蒸散術式と組み合わせる施術内容によって、術後は最小限の窪みやへこみとなり、消失スピードが早いことも挙げられているため、仕上がりを期待する場合には組み合わせによる除去を検討することもメリットと言えます。比較的、ほくろの悩みを抱える方は多く、症例数や実績も豊富であることも重なり、費用もグッと抑えられて提案されており、ほくろの数が多い、あるいは範囲が広いなどの悩みにも応えることが可能です。